コウモリ退治に有効な対策|害鳥対策研究会.com

害鳥対策研究会.com

コウモリ退治に有効な対策

HOME >コウモリ退治に有効な対策

害鳥対策グッズ3

コウモリ退治に有効な対策

一般的に洞窟に多く生息しているコウモリですが、近年は一般の家庭に侵入し、天井裏や地面にダニやフンがあるといった被害が多発しています。
天井裏からバタバタ音がして気持ちよく眠れない、変なニオイがする、屋根から糞尿が漏れているなど、こうした被害を未然に防ぐ対策方法を紹介します。

コウモリ

コウモリ退治に有効な対策方法

コウモリは天井裏のわずかな隙間から侵入してきます。
よって、外に追い出さなければいけません。
追い出すためには、スプレーやジェルといったを活用します。
これらのは匂いによる追い出しですが、1度使用したからといって二度と侵入してこないとは限りません。
なので、追い出したあとは金網やアルミ板などを用いて隙間を埋めていきます。

注意しなければいけないのは、コウモリの活動期間です。
特に夏の時期は繁殖期のため、この時期に追い出すのはかなり難しくなります。
追い出すには繁殖期を避けて行うのがベストでしょう。

対策グッズ1

コウモリ退治にはNewアニマルリペラー(ハイグレードタイプ)が効果を発揮します。

飛行時に超音波を使うコウモリにとって「ランダム変動超音波」は非常に効果があります。
また夜行性動物には青色LEDが特に有効であるという最新の研究結果も出ており
「青色LED5灯ストロボ機能」も夜行性のコウモリ駆除には効果的です。

12mの長さの延長コード付きのACアダプターが付いていて、乾電池でもどちらでも使用可能です。
乾電池使用時は、スイッチ位置を「赤外線センサー」モードに設定すれば、センサー感知範囲内で動物が動いたときに、センサーが感知し一定間隔で超音波を照射する仕組みになっています。
センサーの「感度ダイヤル」を調整することにより、乾電池の寿命の長短も調整可能です。

また、簡易防水型ですので、通常の雨は問題ありません。レイン・ジャケット付きなので大雨時でも安心。
詳しくはコチラをクリック↓

害鳥対策グッズ

対策グッズ2

鳥害でお困りでの方にアメリカでは人気を独走中のバード・スパイクです。
ポリカーボネイトとステンレスで出来ていますので錆びにくく、軽くて丈夫、柔軟性にも優れていますので建物の外壁の凹凸にも柔軟に対応します。

取り付けもとっても簡単、シリコン接着剤や針金、釘やビスなど、設置場所にあわせた方法で簡単設置 。
細かいロットですので目立ちにくく、景観を損ねません。

このバード・スパイクによって効果が期待できるのは鳩やカラスだけではありません。
屋根裏や天井裏に設置してコウモリ対策、ベランダや庭先に設置すれば鳥だけではなく野良猫やイタチなどの大きさの動物にも効果があります。
害獣を傷つけずに寄せ付けなくさせます。詳しくはコチラをクリック↓

害鳥対策グッズ2

対策グッズ3

自然に優しい害獣駆除の決定版!
動物の水に濡れる事を嫌う性質を利用して赤外線センサーが感知した害獣に水を強力噴射、使用するのは水だけなので非常に安心です。

噴射距離は50cm~15mと調節可能、野良猫や野良犬だけでなく、カラスやコウモリなどにも効果があります。 その他イノシシや鹿といった夜行性の動物にも赤外線センサーでしっかりと感知。

設置方法もとっても簡単、杭を設置したら後はホースにつなぐだけでOK!
(コンクリートなど杭が刺せない場所でも土を敷き詰めたプランターや植木鉢などを使用していただければご利用可能です。) しかも月々の水道料金は20円程度!
100%水しか使用しない害獣駆除だから自然に優しい!! 詳しくはコチラをクリック↓

害鳥対策グッズ3