フンから見えるコウモリの生態|害鳥対策研究会.com

害鳥対策研究会.com

フンから見えるコウモリの生態

HOME >フンから見えるコウモリの生態

害鳥対策グッズ

フンから見えるコウモリの生態

家の天井裏に身を潜めフンやダニを落とす、こうした迷惑行為に住人は頭を悩ませると言っても過言ではありません。
家に侵入するコウモリは、アブラコウモリがほとんどです。
また、アブラコウモリは人間に危害を与えず、天井裏に生息する害虫を食べることでフンを出します。
これらの事例から、コウモリの生態について紹介します。

コウモリ

コウモリの生態

コウモリは夜行性の動物です。
主に洞窟やトンネルなどに生息します。
家に棲みついているコウモリはアブラコウモリがほとんどで、体長が4~6cm、翼長が18~24cm、体重が5~10gと小さい体であることが特徴です。

活動期間は冬眠期(11月~3月)を除いて、覚醒期(4月~10月)に活動します。
また、交尾期(9月~10月)を経て4月の半ばから排卵と受精が起こり、繁殖期(7月~8月)になると1匹あたり1頭~3頭コウモリが生まれて数が増えるため、活動が盛んになります。

寿命はオスで3年、メスで5年とされています。
一般的にコウモリの食べるものは昆虫類がほとんどです。まれにウンカや甲虫、飛翔昆虫を食すこともあります。

害鳥対策グッズ