よくある質問まとめ|害鳥対策研究会.com

害鳥対策研究会.com

よくある質問まとめ

HOME >よくある質問まとめ

害鳥対策グッズ

害鳥対策グッズ

よくある質問まとめ

害鳥対策でよくある質問を以下にまとめました。
その中で特に対応が難しいケースについて絞りました。
「毎年被害を受けてウンザリしている」、本気で害鳥対策をお考えの方に少しでも役立てて頂けると幸いです。

畑

よくある質問①
ムクドリやヒヨドリなどが畑を荒らすことはありますか?

基本的に、どちらも昆虫や果実を主食としているため畑を荒らすことは考えられません。
ただ、気候の変動でエサが極端に少ない場合に、畑を荒らすことは可能性として考えられます。
そういった場合でも防鳥ネットや防鳥糸で対策することができますので、荒らされないための環境を整備することがポイントになります。

害鳥ス「

よくある質問②
稲や小麦など広範囲な場所を害鳥から守るには?

まず、防鳥ネットを使用します。
ネットの網目は20mm目程度が目安です。
ただ、ネットだけ敷いても風で飛ばされることが考えられるので、杭などで飛ばされないように固定する必要があります。
害鳥地対策で用いられる目玉模様や爆音、模型は効果はありますが、すぐに慣れてしまうのが実情です。
なので、作物の収穫時期をずらして被害の集中を避けることが、害鳥対策として有効です。

鷹

よくある質問③
稲や小麦など広範囲な場所を害鳥から守るには?

はい、本当です。
一般的に害鳥対策として、防鳥ネットや忌避スプレ-、ジェル、テグスなどが用いられていますが、これらは短期間の効果でしかなく、すぐに慣れてしまうのが実情です。
そこで食物連鎖の頂点に立つ鷹を使うことで、鳥に危機感を覚えさせ巣を作る環境を撲滅していきます。鷹匠が鷹をしっかり躾ているので、ほとんどのケースで追い出すことができます。

害鳥対策グッズ

害鳥対策グッズ