鳩の巣について|害鳥対策研究会.com

害鳥対策研究会.com

鳩の巣について

HOME >鳩の巣について

害鳥対策グッズ

鳩の巣について

鳩

巣を作る時期と場所

鳩の発情期はオスがメスの頭やくちばしで羽づくろいのような動作を繰り返し、 胸をふくらませてグー、グーとメスのまわりを鳴いて回ります。
メスはオスのくちばしの中に自分のくちばしを入れ、 そのまま互いに首を上下に何回も振るような動作が見られた後、交尾します。 このような動作が何回も繰り返されて、共に仲良く巣作りを始めます。

3月下旬~5月上旬に巣を作ります。巣を作る場所は建物や駅などの軒下、高速道路下マンションのベランダ等、雨の当たらない所に巣を作ります。鳩の巣は天敵のカラスや人のあまり通らないところに作られます。
危険の少ない安全な場所を選んで巣を作ります。巣は木の枝や、針金、新聞紙などを集めて作られています。

産卵は夕方に行われ、 通常3日間で2個卵を産み、交互に18日間ほど抱卵し、ひなは生まれて40~50日間で巣立ちます。
春が最も繁殖が盛んで、1年間に7~8回も繁殖することがあります。
このように鳩はものすごいスピードで繁殖していき、人間が餌を与えたり、ゴミを拾ったりとしているので、食物と環境が良いので、鳩の数は爆発的に増えております。

鳩が巣を作りやすい家は?

3月下旬~5月上旬にベランダによく現れる鳩は巣を作る場所を探しています。
都会のマンションが多いエリアでは5階~10階の高さのベランダが狙われる確率が高いようです。
鳩も「部屋に人が住んでいる」ことは知っているので、部屋から直接見えない場所を選んで巣を作ります。なので、エアコンの室外機の下とか 室外機の裏とか壁との隙間などに作ります。
日中に人が不在の家、陰になるものが置いてあるベランダが狙われやすいです。
もし、ベランダに鳩がよく現れるようになったら窓を開けてただ驚かすだけでは、目を離した隙にもう一度戻ってきます。
鳩は人が来なくて落ち着ける場所を基準に場所を探すので、窓を開けるだけでなく、もっと嫌がることをしないといけません。

害鳥対策グッズ