害鳥による被害の現状|害鳥対策研究会.com

害鳥対策研究会.com

害鳥による被害

HOME >害鳥による被害

害鳥対策グッズ

害鳥対策グッズ

害鳥とは?

害鳥とは人間やペット、農作物に害を与える鳥のことを指す。
例えば、ドバト、キジバト、カラス、スズメ、渡り鳥のツバメなどがあげられる。

害鳥

害鳥による被害を受けたことがありますか?

鳥はここ最近、人間や動物に被害を与えることが多くなっている。

普段何気なく接している鳩やスズメも害鳥である。鳩に餌を与えたり、スズメに餌を与えたりしている人を見ることがある。

鳥によって運ばれる病気がたくさんある。
鳥やその糞は60種類以上の重い病気を人間やペットなどに撒き散らす。
そう考えると鳥に餌を与えたりするのは非常に危険である。その一例として、一昔前に流行った鳥インフルエンザがある。
日本では感染した人がいないが、感染した鳥やその排泄物、死体、臓器などに深く接触することによってまれに感染することがある。

他にもたくさんある、害鳥による被害

鳥がぶつかってくる被害や、換気口に入り込んで詰まらせてしまう被害がある。
飛行機のジェットエンジンに巻き込まれたり、ビルやマンションの窓ガラスを割ることがある。
鳥の糞による被害が多く問題になっている。
鳥の糞は掃除が非常に困難で、酸性であるために、コンクリートなどを劣化させる。
そのため、経済的にも被害は大きくなる。その他、重要文化財、マンションのベランダなど様々な施設で問題になる。
鳴き声による被害もある。繁殖期には特に鳴き声や羽音も問題になる。

害鳥対策グッズ

害鳥対策グッズ